COLUMN
コラム

2018.10.09

知っておくべき!結婚指輪選びの失敗談

人生の中でも一大イベントともいえる結婚指輪選び。
長年二人で身に着けていくことを考えると、失敗できないと考えてしまいますよね。
今回は、「結婚指輪の失敗談」と「解決案」をお話ししたいと思います。

婚約指輪と結婚指輪の違い

まずは結婚指輪の基本、婚約指輪と結婚指輪の違いについてです。
ドラマなどで、男性がプロポーズをする際に手渡す指輪は、婚約指輪(エンゲージリング)と言います。
多くは、男性から女性へ贈られるダイヤモンドがあしらわれたデザインリングです。
結婚指輪(マリッジリング)は、男女ペアになった日常的に身につけるリングのことです。
結婚式場で交換している指輪が結婚指輪です。

婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚指輪選ぶ

後で思うと、なぜ見落としてしまったのか…と後悔する前に、陥ってしまいがちな失敗談とその解決法を紹介します。

デザイン選びの失敗
  • オリジナリティにこだわったため、凝ったデザインの結婚指輪にしてしまい、早々に飽きてしまった。
  • 日常的に身につけていると、髪の毛やストッキングに引っ掛かる。
  • 夫の意見をあまり聞かずに買ってしまったため、結婚後に夫が身に着けてくれない。

などの失敗談が多くありました。

【解決案】
結婚指輪は、長年ペアで身に着けるものです。
夫婦二人でよく話し合ってデザインを決め、出来るだけシンプルなものを選ぶと良いでしょう。
爪が出っ張ったりしていないフラットなリングは、ユニセックスに身につけられるので、オススメです。

確認不足からくる失敗
  • アフターサービスの確認をしなかったために、クリーニング料金が別途かかってしまった。
  • 婚約指輪と重ねつけも楽しみたいと思っていましたが、購入時にそれを考慮せずに購入したため、合わせられない。

などの失敗談が多くありました。

【解決案】
結婚指輪は、毎日身につけているもののため、非常に傷つきやすく、予想よりも早くにクリーニングしたいと感じるかと
思います。
そのようなときに、アフターサービスが万全な店舗で購入していたら、無料でクリーニングを実施してもらえますし、
その際にちょっとしたメンテナンスもしてもらえます。
結婚指輪を購入する際には、丁寧なアフターサービスのある店舗で購入することをオススメします。

婚約指輪と結婚指輪の重ね着けを楽しむ

結婚指輪

婚約指輪は、凝ったデザインの指輪が多いため、結婚後は身に付けることがあまりないという話もよく耳にします。
せっかくの美しい婚約指輪を仕舞ったままにしておくのは、もったいないです。

当店では、婚約指輪と結婚指輪を重ねつけして、お楽しみいただけるデザインもあります。
パーティシーンや結婚式にお呼ばれした際に、指先でキラリと煌めいている結婚指輪と婚約指輪を見ていると、
幸せな時を呼び起こしてくれそうです。
普段はシンプルで控えめな結婚指輪を、婚約指輪と重ねつけをして使うのは、とても有意義ですね。

その他のコラムを読む

お問い合わせ・ご来店予約はこちら
  • ご来店予約はこちら
  • お問い合わせはこちら